豊田の明日をクリエイト こいけやクリエイト

豊田市、長久手市 各種印刷物&ホームページ制作 こいけやクリエイト

最近の制作実績

  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
耕Life とよたまちさとミライ塾 あそべるとよたプロジェクト こいけやクリエイトWebストア 主催イベント情報

こいけやクリエイトは
愛知県豊田市のデザイン事務所です。
デザインを通じて人と人、人とまちを
繋ぐお手伝いをしております。

お気軽にお問合せください

主な営業エリア
豊田市、長久手市、みよし市、岡崎市
知立市、刈谷市、安城市、名古屋市

こいけやクリエイトのTwitter こいけやクリエイトのfacebookページ

2017年10月11日 ハチさんの巣からミツロウを精製しました!

こんにちは!
こいけやクリエイトスタッフのりえです。

先日、こいけやにいるハチさんたちが頑張って作ってくれている巣(ムダ巣)から
ミツロウを精製してみました!

ハチミツはお馴染み、HoneyLifeこいけやハチミツとして商品化して
美味しくいただいてますが、
この巣だけはなんとも食べられずに溜まっていました…。

これがムダ巣です…ぐろい

それを!
やっと!
精製しました~。

精製といってもいろいろ方法はあるのですが、
今回わたしがやったのは以下のとおり。

【材料】
・鍋
・目の細かいネット(今回は玉ネギネットと排水ネット)
・木綿の布
・入れる容器(タッパーとか)
・割りばし(布を絞ったり、掴んだり)

①まず、ハチミツを搾った巣を集め、玉ネギネットに入れる


②鍋にお湯を沸かす(蜜蝋は65℃で溶ける)
③沸騰したら①をネットごと湯に投入し、ぐつぐつ溶かす。

※このとき、大きなゴミや幼虫などはネットに溜まり、細かいゴミと蜜蝋が溶け出す。

ぐつぐつ。

おおきなゴミは沈んで、ミツロウが溶け出してきました。

④ネットを取り出す
⑤さらにきれいにするために、布で濾す、搾る

⑥冷めるのを待つ
※蜜蝋は水より軽いので、冷えると分離して浮いて固まります。

少し固まってきました

けっこう固まってきたかな

⑦水を捨てる

1度濾しただけではけっこう細かなゴミが残るので、さらに③⑤~⑦を3回ほど繰り返す。

2度濾し。まだ細かなゴミがでる…

最初は、
う~ん…汚いけど大丈夫か?これ。
と思ってましたが、
なんともまぁ!きれいな蜜蝋になったではありませんか!

なんだか透明感がある?!

できた蜜蝋はなんと450g!

完成☆ なんだか重量感がある!

自分たちで精製できることもわかったことだし、
たくさん作って、今後WSなどに使っていけたらと思っています!

〈追伸〉
ちなみに、ぐつぐつと煮出した水は産業廃棄物扱いなので
排水には捨てないように注意してくださいね~。
排水詰まりますよ~。
あと、使用した容器その他はすべてミツロウがくっついて取れなくなるので、
すべて精製用として準備した方がいいですよ~

水はなんと、ミツバチさんの誘引液として使えるようなのです!
なので、畑(巣のまわり)にばしゃーっと撒いておきましたよ。

 



ページ上部へ