豊田の明日をクリエイト こいけやクリエイト

豊田市、長久手市 各種印刷物&ホームページ制作 こいけやクリエイト

最近の制作実績

  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
耕Life とよたまちさとミライ塾 あそべるとよたプロジェクト こいけやクリエイトWebストア 主催イベント情報

こいけやクリエイトは
愛知県豊田市のデザイン事務所です。
デザインを通じて人と人、人とまちを
繋ぐお手伝いをしております。

お気軽にお問合せください

主な営業エリア
豊田市、長久手市、みよし市、岡崎市
知立市、刈谷市、安城市、名古屋市

こいけやクリエイトのTwitter こいけやクリエイトのfacebookページ

2017年5月29日 42回DTPの勉強会に参加してきました!

こんにちは!4月からお世話になっております由美子です!

5月27日にありましたDTPの勉強会

新さんみはるさんの勧めで同期の美紗ちゃんと参加してまいりました。

会場はこんな感じ。ウィンク愛知で開催されました。

机の上にはレイアウトの用紙とフォントガイドブック。

これは嬉しい〜!

勉強会の内容は

・イマドキ風!Creative Cloudアプリの使いどころ

・イラスト制作のためのIllustrator ベクターでもっと自由に描いてみよう

・同素材から多くのデザインバリエーションを生み出す考えかた

の三本!

Adobe製品を使ってはいても、クリエイティブクラウドってなんじゃ??と疑問のままほったらかしにしていたことを丁寧に紹介してくださいました。

データをみんなと共有できて、作った自作の素材もすぐにソフトと同期して使えるので、手間が省けてとっても便利…

そんな機能があったなんて!びっくりです。Adobe製品すごい…

Illustratorについては、いかに楽に!効率よく!ブラシで絵を描くか!ということをご紹介。

デジタル製品を使っていてもまだまだアナログ脳なので、絵を【描く】って感じなのですが、Illustratorでは、絵の部品を【作って】合わせる。

という感覚のちがいに目からウロコでした。

あらかじめ形を決めたブラシ素材を作っておけば、後から変形も可能!色の変更も可能!せっかく作ったのに後から変更頼まれた〜なんて時に大活躍。これがプロの現場。メモメモメモ…!

最後は同じ素材でどれだけデザイン案を出すかのご紹介。

つい白紙の紙面の前でうんうん悩んでしまいそうのですが、まずはじめに素材を作っておく、フォントも何種類かパターンを作って、写真もいろいろトリミングしておく!とのこと。

本番に入る前の下準備が大事なのですね。素材があれば、何を一番に見せたいかを考えて配置をしてみる、というのを実践で見せながらご説明してくださいました。

あれよあれよと柔軟な発想で何種類もデザインが出来上がっていくのは感動です。

ソフトがあるからすごいのではなく、そこからどんな風に組み合わせていてくのか考えることが大事。ということ勉強会を通して学びました。

好き嫌いせず、どんどん挑戦していきます!

全体通してみなさんがおっしゃっていたのはiPhoneやAndroidで無料で使える便利アイテム、Adobeのアプリ。

こちらは手軽にカメラロールからブラシ素材をつくれたり(なんとそのままIllustrator、Photoshopでも使えます!)

簡単なムービーをつくれたり、はたまた顔の加工もできたり、やり方次第で可能性が広がります。

これは是非ともダウンロードしたいアプリです!

悩んでもやもやしてたことがわかってきて、とてもいい時間を過ごせました。

そして頭でわかったふりをせず、実践実践!

頑張ります!

 

 

2016年6月22日 第1回全国オンパクサミットに参加してきました!

まさこです!
6/18(土)、19(日)に第1回全国オンパクサミット オンパクその先へ ONPAKU2.0に参加してきました^^

そもそもオンパクってなに?

オンパクとは、「温泉泊覧会」のことです。
観光客の減少で活気を失いつつある地域を元気にすることを目的として、2001年に大分県別府市ではじまりました。
温泉博覧会だから温泉のない地域には関係ないというわけではありません。
オンパクは名前であって、地域を盛り上げる手法の1つです。
この仕組みを利用してここ豊田市でも3年前から「とよたまちさとミライ塾」が開催されることとなりました。
こいけやクリエイトは「とよたまちさとミライ塾」の事務局を務めさせていただいて今年で2年目になります。

ということは全国オンパクサミットって…

全国各地から、このオンパク手法をとりいれて活動している(しようとしている)人たちが集まって、地域の魅力を再発見し、それをいかした地域づくりや活性化策を話し合う会の第1回目が開かれたというわけです。
会場は、わたしの故郷でもあり、アドバイザーとしていつもお世話になっている
長良川おんぱくさんの地元岐阜県岐阜市です。
20160619-IMG_8013
(写真:長良川おんぱく 蒲さん)

まずは、とにもかくにもオンパクを体感する

初日、オンパクサミット全体会がはじまる前のひととき。
エクスカーションプログラムとして4つのオンパクプログラムが開催されました。
わたしは「川漁師のおもてなし漁舟ツアー」に参加させていただきました。
本日の案内人、漁舟「結の舟」船長 平工(ひらく)さん、イケメン。
20160618-IMG_7642
5人限定、長良川の漁舟でめぐる清流プライベートツアーで、
川漁師さんのお話を聞きながら、なんと焼きたてあげたての鮎もいただけてしまうという
プレミアム感満載のプログラムです。
20160618-IMG_7699
もともと漁師でない人が漁師に「なる」ことの難しさや、
「である」ための工夫、岐阜の川でこの時期とれる鮎のお値段だったり、
国指定重要無形民俗文化財である鵜飼の裏話なども聞かせていただきました。
これぞ、the おんぱく!といった風格のあるプログラムでした。

オンパクを満喫した後は、しっかりオンパクについて振り返る

オンパクについて振り返り、全国各地の事例やパーソナルストーリーを知り、
そのさきについてもおもいを馳せる良い機会となりました。
豊田市はオンパク手法をとりいれている他の地域のなかでは特殊な地域です。
いなかとまちがあり、とくにまちには他県他国からさまざまなひとたちが働きにやってきます。
豊田のひとによって「豊田」のこと「豊田のひと」のことをもっと知ってもらい豊田をもっとすきになってもらう豊田のひとのためのプログラムが「とよたまちさとミライ塾」に増えていったらいいなと思いました。
20160618-IMG_7771

(写真:オレンジのつなぎのひと こいけやクリエイト社長 ノリノリ期代表でお話させていただきました)

 

とよたまちさとミライ塾は、今年も10月〜11月の2ヶ月間開催します。

プログラムを開催する人=パートナーさんたちが

現在プログラムをネリネリ中です^^

オンパクサミットで聞かせていただいたお話も交えつつ、

事務局からもアドバイスさせていただいております☆

 

おまけ

夜の長良川もしっかり満喫しましたよ^^
20160618-IMG_7792
20160618-IMG_7783
20160618-IMG_7822

2016年2月29日 森・エコ・ハッカソン に参加してきました!

こんにちは!おひさしぶりです!みはるです!

豊田市、とよた環境ビジネス研究会の主催する「森・エコ・ハッカソン」へ参加してきました。

アイデアを出し合ったりする手法を色々と経験することができました。森林問題についても、さらに深く考えるきっかけとなりました。

わたしたちのチームは、「〜記念日には年輪を贈ろう〜 Alubaum(アルバウム)」というサービスを考えました。

4

年輪の写真を撮ると、登録してある年輪が光ります。
拡大してタップすると、思い出のメッセージや写真などが見れる。というものです。リビングなどに年輪を飾っておいて、いつでもアプリからアルバムにアクセスできる。

年輪が1つの記憶媒体になっているというイメージです。

チームメンバーに恵まれたおかげで、「参加者投票賞」をいただきました!ありがとうございました!

3

IMG_6106

山主さんの話が聞けたり、チームで一緒に画面を考えたり、作ったりと色々と楽しかったです。

他のチームの発表も、どれも素晴らしく面白かったです。
大きく2つのジャンルに分かれていました。

1つ目「林業をいかに効率化するか」

1

森の健康診断を自動でやってくれるロボットや、伐採から輸送までの工程に革新を起こすロボット&ドローンです。

これらがグランプリ&準グランプリでした。実現したら林業の改革ですよね。これがイノベーションか!!と思いました。

2つ目「木材をいかに活用するか」

いかに国産材をエンドユーザに届けるか、という切り口です。
わたしたちのチームもこちら側ですね。他のチームからは以下の様なものが出ていました。
2

木の器とか、木の部屋とか、国産材を使うことが当たり前、の文化が根付いていくといいなと思います。

今回のハッカソンの様な、社会問題と最新のテクノロジーの接点となる場を作るというのはとても面白く、素晴らしい取り組みだとおもいました。
こいけやクリエイトでできることは何かないかな?と考えました。

  • 1消費者としてなるべく国産材を使っていく
  • 森についてもっと知ってもらうために情報を発信していく(グラフィックデザインで分かりやすく!)

かな?

できることから一歩ずつはじめていきたいと思います!

2014年9月19日 「おしゃれに農」セミナーで講師を務めました。

こんにちは。秋の夜長は夜泣きの赤ちゃんと過ごしてます。みはるです。

9月18日(木)豊橋市役所農業企画課の主催するセミナー「おしゃれに農」で、社長が講師を務めさせていただきました。
当日は以下の内容をお話しました。

第1部(座学)

1

  • 耕Lifeの紹介
  • 2年間発行する中での読者の農業に対する見方ついて
  • 豊田でブランディングしてる農家さんの実例
  • ブランディングとは?
  • 魅せ方のコツ

 
 
受講者はプロの農家の皆さん、ということで
デザイナーとして何か役立つことをできるかどうかとても不安でしたが、外部から見て農業のどんな部分が魅力的なのかなどを伝えられると良いなと思い、臨みました。

第2部(ワークショップ)

2

  • 自分の農作物のキャッチコピーを考えよう!

 
 
後半のワークショップでは2人1組となって、お互いにインタビューしながらキャッチコピーを練り、発表まで行いました。
とても秀逸なキャッチコピーが次々と発表されていました。


優勝したのはこちらのキャッチコピー!

3

ご参加いただいた皆様、豊橋市役所農業企画課の皆様、本当にありがとうございました。

講義後にたくさんの農産物やお土産をいただきました。ジャーン

4

愛情込めて作られた野菜、おいしくいただきます♪お花、大切に育てます♪
豊橋名物「デセール」。初めて知って、初めて食べたんですが、美味しかったです。

2014年5月21日 映画上映会「かみさまとのやくそく」を開催しました

ついこの間新年を迎えたばかりのような気がしていたのに、
今年も半分過ぎ去ろうとしている2014年。
こんにちわ、最近娘の添い寝が楽になりつつある吉村です。

去る2014年5月10日、豊田産業文化センター小ホールにて、
とよたワンコイン映画会「かみさとのやくそく」〜胎内記憶を持つ子ども達〜
を上映させていただきました。
当日は満員御礼で、たくさんのお客様にご来場いただきました。
誠にありがとうございました。
こいけやクリエイトではじめての企画にも関わらず、
市内外・県外からもたくさんお越しくださいまして、本当に嬉しく思います。

eigakai

 

上映のきっかけ

この映画を上映しようと思ったきっかけは、私の友人がツイッターでつぶやいていたのが始まりです。
HPの予告を観た時に、「観てみたい」と思ったと同時に「この映画はたくさんの人と観なければいけない」となぜか使命感のようなものが湧いてきたのです。私一人ではどうしようもなかったことを、社長をはじめスタッフの理解と多大なる協力を得て実現する事ができました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

「胎内記憶」「前世の記憶」

「胎内記憶」とか「前世の記憶」とか話には聞きいたことがありましたが、私自身は記憶が全くないのでそんな未知の世界にいつもワクワクしていました。
胎内記憶を研究している医師の池上明先生は、様々な子ども達に生まれる前の記憶について質問しています。
「どうして生まれてきたの?」
子ども達はみんな同じ答えを言います。
「人の役に立つため」
最初に役に立ちたいのがどうやら「お父さん、お母さん」とくに「お母さん」だということ。
自分が生まれるということで、お母さんに喜んで欲しいということらしいのです。
答えはとてもシンプルですね。
私の中でとても腑に落ちた一言でした。
 
そういえば、うちの息子も何かあるたびに「お母さんのために○○したよ!」とか「お母さんに○○あげる!」「お母さんのために」「お母さんのために」って良く言ってくれるのです。そんなにお母さんのためにしなくていいのに。。って内心思っていましたが、これからはなんでも有り難く、息子の気持ちを受け止めようと思いました。
そして、この映画を息子と観てた時に「そういえば僕ね、かみさまとボールで遊んでいたんだよ」と言い出したのです。
もうすぐ10歳になる息子です。でも随分昔、1歳くらいにも同じことを言ってたのを思い出しました。
これはもう神様と遊んでたんだなぁとこれまた素直に受け止めました。

子どもとの関わり方

そんな子どもとの関わり方についても、この映画の中でたいわ士(※1)の南山みどりさんがおっしゃっていました。
「子どもが転んで泣いている時になんて声をかければいいでしょうか」
たいていの親御さんは「大丈夫!大丈夫!」とか「そんなの平気でしょ?!」なんて言っているような気がします。
そしてこれを書いている私も良く言っていた気がします。
痛くてエーンエーン泣いている子どもに声をかけてあげるときは
「痛かったね、痛かったね」ただそれだけで良いそうです。
痛いという気持ちを分かってあげること。気持ちに寄り添ってあげること。
ただそれだけです。
お母さんが気持ちを分かってくれたからじゃぁもう泣くのをやめよう!とスッと泣くのをやめる子が多いようです。
これもシンプルですよね。
大人だって痛い時に「痛くないよ、そんなの」なんて言われたら傷つきますもんね。
ふむふむ、とても勉強になりました。

※1たいわ士とは
”対話”を通して、身体の声を聴く”対話”、状況や状態の緩和をはかる”態和”、胎児や赤ちゃんとのコミュニケーションをはかる”胎話”等、さまざまなものからのメッセージをお伝えする通訳さんです。

 

インナーチャイルド

そして最後はママ達のインナーチャイルドを癒すワークショップ。
誰かを幸せにするために生きるのであれば、自身も大切な存在で大事であるべきなんですよね。
ついつい、自分のことは置いておいて、歯を食いしばって子どもたちのために色々犠牲にして生活しがちですが、
子どもが一番望んでいるのはママの笑顔なんだそうです。
ママの役に立つために生まれてきた子どもたち。私もそういう存在であるということ。
隣に住んでいるあの人も、毎日犬を散歩しているおじさんも、町ですれ違ったサラリーマンもみんなみんな。

そんな風に思えた瞬間から、優しい気持ちでいっぱいになるような素敵な映画でした。

日本各地で自主上映会が開かれています。幸せな輪が広がりますように。

映画会当日の様子

会場は豊田産業文化センター 小ホールです

IMG_3918

こちらが受付です♪

お子さま連れのお客さまのために、別室 大広間でもプロジェクターによる同時映画上映もさせていただきました。
4名の保育士さんにもお手伝いいただき、お子さま連れの方もゆったりと観ることができる
空間を確保しました。

IMG_3924

大広間の様子。後方にはおもちゃなどたくさん用意しました

お客さまは、大半が女性で、お子さまを持つお母さんや妊婦さんが多かったように感じます。

最後に、スタッフで久々の集合写真☆

koikeyastaff

オレンジ色の人が2人いる!

1 / 512345


ページ上部へ