豊田の明日をクリエイト こいけやクリエイト

豊田市、長久手市 各種印刷物&ホームページ制作 こいけやクリエイト

最近の制作実績

  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
  • 最近の制作実績サムネイル
耕Life とよたまちさとミライ塾 あそべるとよたプロジェクト こいけやクリエイトWebストア 主催イベント情報

こいけやクリエイトは
愛知県豊田市のデザイン事務所です。
デザインを通じて人と人、人とまちを
繋ぐお手伝いをしております。

お気軽にお問合せください

主な営業エリア
豊田市、長久手市、みよし市、岡崎市
知立市、刈谷市、安城市、名古屋市

こいけやクリエイトのTwitter こいけやクリエイトのfacebookページ

2014年6月17日 職場体験一日目(竜神中学校 酒匂)

竜神中学校から職場体験に来ました、酒匂です。

 

今日は初めてパソコンで絵を描かせてもらいました!

ずっと使ってみたかったペンタブレットでの作業はとても楽しかったです!ペンタブ欲しい!!

でも、操作の仕方が難しくてちょっと大変です(汗)

この作業をてきぱきとやっているこいけやクリエイトの皆さんは、すごいなぁと思いました。

少し経つと仕事の依頼をした会社の人がいらっしゃったので、お茶出しをさせてもらいました。

人生で初・お茶出しだったので、とても緊張しました;;

 

お昼は、社長様と奥様と安藤くんと私でお話をしながら食べました。

デザインの事など、たくさん聞かせてもらいました。あと、皆マンガを読む派だということも分かりました(*^^*)

午後は、午前の作業の続きでした!

 

明日も頑張ります!!(`・ω・’)ゝビシッ

 

IMG_8195

 

 

職場体験1日目(豊南中学校 安藤)

職場体験に来ている安藤です

今日は一日目で会社に入るときから緊張しました

また、今日はaiというソフトを使って名刺の制作を行いました

初めて使うソフトで始めは使い方を教わりました

最初は図形ツールやペンツールなどを教えてくれました

図形ツールは簡単に使えたのですがペンツールは曲線を書くのがとても難しく始めはなかなか使えませんでしたが

最後にはまあまあ書けるようになりました

昼ご飯のときは社長さんからプリンターやパソコン、インクについて話してもらい知識を深めることができました

また昼食後はお客さんが来て僕はお茶をだしました

一度もお茶を出した事が無かったので緊張しましたがなんとかやりきることができてよかったです

午後の名刺制作では上手くペイントが出来なくてとても苦戦しましたが何故上手く出来なかったか

やっているうちにわかってきたので明日の職場体験では今日の反省を活かし頑張りたいです

 

IMG_8200

2014年5月21日 映画上映会「かみさまとのやくそく」を開催しました

ついこの間新年を迎えたばかりのような気がしていたのに、
今年も半分過ぎ去ろうとしている2014年。
こんにちわ、最近娘の添い寝が楽になりつつある吉村です。

去る2014年5月10日、豊田産業文化センター小ホールにて、
とよたワンコイン映画会「かみさとのやくそく」〜胎内記憶を持つ子ども達〜
を上映させていただきました。
当日は満員御礼で、たくさんのお客様にご来場いただきました。
誠にありがとうございました。
こいけやクリエイトではじめての企画にも関わらず、
市内外・県外からもたくさんお越しくださいまして、本当に嬉しく思います。

eigakai

 

上映のきっかけ

この映画を上映しようと思ったきっかけは、私の友人がツイッターでつぶやいていたのが始まりです。
HPの予告を観た時に、「観てみたい」と思ったと同時に「この映画はたくさんの人と観なければいけない」となぜか使命感のようなものが湧いてきたのです。私一人ではどうしようもなかったことを、社長をはじめスタッフの理解と多大なる協力を得て実現する事ができました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

「胎内記憶」「前世の記憶」

「胎内記憶」とか「前世の記憶」とか話には聞きいたことがありましたが、私自身は記憶が全くないのでそんな未知の世界にいつもワクワクしていました。
胎内記憶を研究している医師の池上明先生は、様々な子ども達に生まれる前の記憶について質問しています。
「どうして生まれてきたの?」
子ども達はみんな同じ答えを言います。
「人の役に立つため」
最初に役に立ちたいのがどうやら「お父さん、お母さん」とくに「お母さん」だということ。
自分が生まれるということで、お母さんに喜んで欲しいということらしいのです。
答えはとてもシンプルですね。
私の中でとても腑に落ちた一言でした。
 
そういえば、うちの息子も何かあるたびに「お母さんのために○○したよ!」とか「お母さんに○○あげる!」「お母さんのために」「お母さんのために」って良く言ってくれるのです。そんなにお母さんのためにしなくていいのに。。って内心思っていましたが、これからはなんでも有り難く、息子の気持ちを受け止めようと思いました。
そして、この映画を息子と観てた時に「そういえば僕ね、かみさまとボールで遊んでいたんだよ」と言い出したのです。
もうすぐ10歳になる息子です。でも随分昔、1歳くらいにも同じことを言ってたのを思い出しました。
これはもう神様と遊んでたんだなぁとこれまた素直に受け止めました。

子どもとの関わり方

そんな子どもとの関わり方についても、この映画の中でたいわ士(※1)の南山みどりさんがおっしゃっていました。
「子どもが転んで泣いている時になんて声をかければいいでしょうか」
たいていの親御さんは「大丈夫!大丈夫!」とか「そんなの平気でしょ?!」なんて言っているような気がします。
そしてこれを書いている私も良く言っていた気がします。
痛くてエーンエーン泣いている子どもに声をかけてあげるときは
「痛かったね、痛かったね」ただそれだけで良いそうです。
痛いという気持ちを分かってあげること。気持ちに寄り添ってあげること。
ただそれだけです。
お母さんが気持ちを分かってくれたからじゃぁもう泣くのをやめよう!とスッと泣くのをやめる子が多いようです。
これもシンプルですよね。
大人だって痛い時に「痛くないよ、そんなの」なんて言われたら傷つきますもんね。
ふむふむ、とても勉強になりました。

※1たいわ士とは
”対話”を通して、身体の声を聴く”対話”、状況や状態の緩和をはかる”態和”、胎児や赤ちゃんとのコミュニケーションをはかる”胎話”等、さまざまなものからのメッセージをお伝えする通訳さんです。

 

インナーチャイルド

そして最後はママ達のインナーチャイルドを癒すワークショップ。
誰かを幸せにするために生きるのであれば、自身も大切な存在で大事であるべきなんですよね。
ついつい、自分のことは置いておいて、歯を食いしばって子どもたちのために色々犠牲にして生活しがちですが、
子どもが一番望んでいるのはママの笑顔なんだそうです。
ママの役に立つために生まれてきた子どもたち。私もそういう存在であるということ。
隣に住んでいるあの人も、毎日犬を散歩しているおじさんも、町ですれ違ったサラリーマンもみんなみんな。

そんな風に思えた瞬間から、優しい気持ちでいっぱいになるような素敵な映画でした。

日本各地で自主上映会が開かれています。幸せな輪が広がりますように。

映画会当日の様子

会場は豊田産業文化センター 小ホールです

IMG_3918

こちらが受付です♪

お子さま連れのお客さまのために、別室 大広間でもプロジェクターによる同時映画上映もさせていただきました。
4名の保育士さんにもお手伝いいただき、お子さま連れの方もゆったりと観ることができる
空間を確保しました。

IMG_3924

大広間の様子。後方にはおもちゃなどたくさん用意しました

お客さまは、大半が女性で、お子さまを持つお母さんや妊婦さんが多かったように感じます。

最後に、スタッフで久々の集合写真☆

koikeyastaff

オレンジ色の人が2人いる!

2014年5月16日 足助の聞き書き 第4集が完成!

足助が大好き!咲姫です!

昨年から「あすけ聞き書き隊」に参加させていただいています。

 

「聞き書き」とは、お年寄りの方々に、
昔の仕事、生活の知恵、技、暮らしの苦労などその生き方を聞かせていただき、
「話し言葉」だけで文章にまとめるものです。

 

2013年12月に「あすけ聞き書き隊に参加しています
というブログで、参加させていただいている経緯を書きました。

 

その聞き書き隊員の文章をまとめた、「足助の聞き書き」第4集を入手しました!

kikigaki01

 

2014年2月には、この聞き書きを発表する場として
「あすけ聞きフェス2014」が足助病院にて開催されました。

こんなに大勢の地域の方々が聞きフェスにお越しくださいました。
kikigaki02

話し手と聞き手とのインタビューを交えながら
ひとつひとつのお話をじっくり堪能することができました。

 

まだまだ知らない足助の魅力を、私たちは記録として残し、
蘇らせたり、新たなものを創造していかなければならない。
私も微力ながらそのお手伝いをしたい!と強く思いました。

 

聞きフェスでは、共存の森ネットワーク 東海チームのメンバーによる
足助・椿立自治区での活動報告もありました。
一生懸命に頑張る彼らの姿をもっと多くの人に知っていただけたら嬉しいです。

kikigaki06

リーダーの池上君

kikigaki05

東海チームメンバーのみなさん


 

最後に、聞き書き隊のみなさんと集合写真。
kikigaki04

お仕事があるなか、準備にご尽力いただいたスタッフのみなさま、
本当にありがとうございました!

2014年4月8日 フォトワークショップ「てくてくさんぽ」を開催

カメラ女子になりたい!咲姫です!

すごく、今更な話を書きます。これから数日間、「いつの話だよー!」

と突っ込みたくなるぐらい前の話を書きます…

 

2014年3月8日(土)「耕Life専属カメラマンといく!てくてくさんぽ」と題して

フォトワークショップを開催いたしました。

tekutekusanpo

 

このイベントは、私がノリというか、本当に勢いで耕Life専属カメラマンである

久野ゆかさんにお願いをして、実現したもの…

 

あまりの勢いに、自分でもどうなることかとヒヤヒヤしましたが

なんとか無事に開催することができました゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+

 

このワークショップは、女子限定!6名限定!

鞍ケ池公園をてくてくとおさんんぽしながら

ゆかさんに写真を上手に撮るコツを教わりましょう♪という

初心者向けのフォトワークショップです。

 

ゆかさんと何度か打ち合わせをして、現場の下見をして

ちゃっかり当日のしおりっぽいものも作りました。

tekutekupaper

当日のしおり♪当日の朝つくったわよ(苦笑)

 

まず始めに、ゆかさんからカメラの基礎知識について座学を受けます。

「そもそもTV、AVって何?絞り値?露出?」そんな初歩的なところから

丁寧に説明していただきました。

鞍ケ池公園にはレトロ電車がありますね♪

電車の中でも人物撮影をしたりしながら味のある写真を撮ることができ
女子でワーキャー!していました。

IMG_1566

この写真は、ワーキャーしていない…

 

さぁ、いよいよてくてくします♪

3月の清々しい空気のもと…と言いたいところですが、

この日はとてつもなく冷たく強い風をあびながら

皆さん頑張って「てくてく」。

 

自由に公園を歩きまわりながら、ゆかさんにコツを教わりながら

思い思いの写真を撮りました。

IMG_1531

やっぱり女性同士が質問しやすいわよねー♪

 

途中、耕Lifeらしく、地産地消おやつも登場。

梅坪のCafe Musu.Bさんの下山産ミネアサヒのシフォンケーキと

いしかわ製茶さんの下山産有機栽培の緑茶♪

 

何やらみなさん一生懸命写真を撮っているなぁと思ったら

おやつをかわいく撮っているのね!女子だわー!!

IMG_1525

次のワークショップは@カフェ?!

tekutekuoyatsu

からだにやさしいおやつ♡


 
 
  

最近めっきり女子らしくない私も、プロカメラマンによって

なんだか女子っぽく撮っていただきましたわーん♡♡♡

saki2

ふんわり吹いている風にみえるね!

澄ましてやがるぜ!

澄ましてやがるぜ!


この写真から、「風」を感じることができて、感激しました!!ありがとうございます!

 
 
 
 

実はこのワークショップ、ただ撮って終わりじゃないんです!

耕Lifeにちなんで、「雑誌の表紙」を撮ることを目的に

みなさんに雑誌のタイトルを決めていただき、

タイトルに沿った表紙写真を撮っていただきました。

その作品がこちら↓

梅が踊っているよ!

梅が踊っているよ!

娘は宝♡

娘は宝♡


なんとマニアック!

なんとマニアック!

train

どこに行くのかワクワク!


素晴らしい!春の訪れを感じる素敵な表紙が揃いました。

 

みなさんにとっても楽しんでいただけたようで

次回もぜひ参加したい!と仰っていただき、

主催者としてこのうえなく幸せなひとときを過ごさせていただきました。

 

至らない点が多々あったかと思いますが

秋にまた開催する(?!)予定なのでお付き合いいただけますと幸いです!

 

そうだ!このワークショップで学んだこと、それは

「とにかく写真を楽しむこと!」でした☆

 

カメラマンのゆかさん、Special Thanks!

ゆかさんのブログにもレポートがありますよん♪→ブログ「豊田を走るカメラマン



ページ上部へ